これらのキーワードがハイライトされています:山名会/刊行物等/山名第6号 山名第6号 山名第6号

Return to 山名会​/刊行物等​/山名第6号
  • RecentDeleted (48d) [ RecentDeleted ]
    ...動/H26山名会総会/20141126_山名6号刊行 2014-12-27 (土) 20:27:25 - 山名会/刊行物等/山名第6号 2014-12-27 (土) 20:26:39 - 山名会/刊行物等/山名第6号/山名氏編年史の考証 2013-04-06 (土) 11:44:20 - 山名氏一族会/活動/20130413_理事会資料 2012-12-30 (日) 19:56:36 - 山名氏一族会/山名家譜/巻之八 2012-07-03 (火) 17:56:42 - 山名蔵/収蔵品/書画/...
  • TopPage (48d) [ 山名氏史料館「山名蔵」 ]
    山名会歴史講演会のご案内 ようこそ『山名蔵』へ 当ページでは、 山名氏史料館「山名蔵」 全国山名氏一族会」(略称:山名会) について掲載しています。詳しくは下記リンクからご覧下さい。 項目概要項目概要山名蔵展示品及び、展示内容について。山名氏リンク関係のリンク。山名会山名会の活動について。法雲寺へ東林山・法雲寺のページへ。写真データ等収蔵品写真や、山名会文書。メール連絡メールフォーム。お知らせお知らせ、ニュース。掲載資料利用掲載史料等の二次利用。刊行物配賦山名会関連の刊行物、物品の配...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第6号​/口絵写真 (1025d) [ 山名第6号口絵写真 ]
    Prev天朝を滅亡の淵から救い出した山名一族 Up 村岡山名七代・義徳公(雅号:文鶴)掛け軸奉納 山名蔵がある香美町の吉田二雄氏(小代区秋岡)から同家に伝わる文鶴画『梅に鶴』を奉納頂きました。吉田氏のお話では、「骨董集めが趣味の曽祖父が明治の始めに手に入れた物」とか、入手された際の裏書きには興味深い内容が記されていました。(続きは本稿で) 猿尾滝観瀑図(文鶴画)「梅に鶴」(文鶴画)山名蔵収蔵の文鶴画今回奉納された掛け軸 Prev天朝を滅亡の淵から救...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第6号​/壺井八幡宮再建の記 (1025d) [ 壺井八幡宮再建の記 ]
    Prev 山名会/刊行物等/山名第6号 壺井八幡宮再建の記 ─ 壺井八幡宮再建にまつわる思い出 ─ 三王紀将                                                    昭和62年頃、多田神社での会合の折りに、壺井八幡宮の故・高木保生宮司さんが私の席に来て「一度、壺井八幡宮に来て欲しい」と言われたので、余り気が進まなかったが一人お参りに寄せて頂いた。  高木宮司さんに案内されて神殿を見て、「びっくりのお化け屋敷やないか。」、「こんな所に神様が居られる訳が無い...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第6号​/天朝を滅亡の淵から救い出した山名一族 (1025d) [ 天朝を滅亡の淵から救い出した山名一族 ]
    Prev天朝を滅亡の淵から救い出した山名一族 Up 天朝を滅亡の淵から救い出した山名一族 宮田靖國  永徳三(1383)年二月十五日、「後愚昧記」には次のように記載されている。 「今夜、資康、仲光卿等為左府使参仙洞。而無御対面、入御御持仏堂。可被切御腹之旨、被仰之云々。是為武家。可奉配流之旨、依有荒説、如此被仰歟云々。―― 中略 ――今夜、京中下辺、依此事騒動云々。」 これは、以前から足利義満が後円融上皇を島流しにしようとしている、との巷説が流れていたので、...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第6号​/山名氏編年史の考証 (1007d) [ 山名氏編年史の考証 ]
    Prev Next 山名会/刊行物等/山名第6号 山名氏編年史の考証 ─ 清和源氏の形成から明徳の乱後まで ─ 山名年浩 ページ内コンテンツ 山名氏編年史の考証 書籍名の略称表示について(事務局) 嘉祥3(850)~天慶3(940) 天慶3(940)~康平6(1063) 治暦元年(1065)~保元2年(1157) 治承4年(1180)~建久2年(1191) 建久3年(1192)~正安2年(1300) 正安3年(1301)~暦応4年(1340) 興国2年(1341)~正平5年(1350) 正平6年(1...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第6号​/年々歳々花相似歳々年々人不同 (1021d) [ 年々歳々花相似 歳々年々人不同 ]
    Prev山名氏編年史の考証 Next年々歳々花相似歳々年々人不同 Up 年々歳々花相似 歳々年々人不同 ─ 親から子や孫へ 語り継ぐべきこと ─ 山名義範 一、行く雲 太陽、月、星たち、空ゆく雲は悠久の時を刻む。月の年齢は約四十五億年。地球は四十六億年。創世紀以来、動植物が今日まで生き残るには大きくて強いものだけではない。小さくても智恵のある種族が残った。 山名氏には八百年の歴史がある。栄枯盛衰は世の常、個人としてはつつましい暮らしの中に「明る...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第6号​/「山名」に関わる調査分析 (1020d) [ 「山名」に関わる調査分析 ]
    Prev Next 山名会/刊行物等/山名第6号 「山名」に関わる調査分析 山名一男 1.はじめに  筆者は根っからの理系の人間であり、これまで歴史や文化には興味がなく、山名氏に関しても「応仁の乱」程度のことは学んだことはあったが、全国山名氏一族会の活動には関与してこなかった(会員ではあったが)。  しかしながら、歳を重ねるにつれ、「山名氏」とは何者かが気がかりとなり、平成24年度山名会再興総会から参加している。これまでの会員の諸先輩の努力により、山名氏が日本の歴史の中で重要な役割を担ってきたことを...
  • 山名会​/刊行物等​/清和源氏諸流略系図 (971d) [ 清和源氏略系図 ]
    ...源氏諸流略系図ご説明PDF 清和源氏諸流略系図ご説明PDF  お申込みは (「清和源氏諸流略系図」、A3横2枚サイズ、協力金1冊:1000円) お申し込み:山名会事務局まで(FAX:0796-98-1161) メールは此方から Prev山名第6号 Up
  • 山名蔵​/拝観記念品等 (1014d) [ 拝観記念品・刊行書籍など ]
    ...ータ(縮小簡易版データ・560KB) お問い合わせは此方から 会誌「山名」第6号 第21回総会時(H26)に刊行。 天朝を滅亡の淵から救い出した山名一族 壺井八幡宮再建の記 山名氏編年史の考証 「山名」に関わる調査分析 等々 詳しくは→山名第6号を参照。 1,000円の協力金をお願いしています。 お問い合わせは此方から 会誌「山名」第5号 第20回総会時(H25)に刊行。 燦然たる山名氏の系譜 一族会結成から衰滞と再興まで ―エッセイ― 応仁の乱と山名氏一族 清和源氏諸流略系図解題 New 大...

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 892, today: 1, yesterday: 1