These search terms have been highlighted:山名蔵/収蔵品/武具/肥前忠吉 肥前忠吉

Return to 山名蔵​/収蔵品​/武具​/肥前忠吉
  • FrontPage (3007d) [ 山名氏史料館「山名蔵」 ]
    ちょっとした変更情報等を掲載しています ようこそ『山名蔵』へ Table of contents ようこそ『山名蔵』へ 「H25全國山名氏一族会総会」無事開催できました  山名会総会の記念品配賦 総会記念品 「山名家譜」データの一部掲載 H24年山名会総会関連 山名氏史料館山名蔵 全国山名氏一族会 『山名氏』が「名流」と言われる謂れ 山名氏概略系図 このWEBの主な内容 東林山法雲寺へ ...
  • 山名蔵 (2645d) [ 山名氏史料館『山名蔵』のご紹介 ]
    ... 山名蔵/収蔵品/武具/卍正次写 山名蔵/収蔵品/武具/宗全公馬具 山名蔵/収蔵品/武具/義路公儀礼刀 山名蔵/収蔵品/武具/肥前忠吉 山名蔵/収蔵品/武具/脇指三代重国 山名蔵/収蔵品/武具/菊池槍 山名蔵/収蔵品/武具/葵紋大筒 山名蔵/収蔵品/武具.../江口君(3290) 武具/葵紋大筒(3241) 金属工芸/金板経(3106) 書画/竹田城見取図(3088) 武具/肥前忠吉(3015) 武具/義路公儀礼刀(2389) 書画/村岡藩士卒族屋敷図(2341) 書画/村岡陣屋図(2294)...
  • 山名蔵​/収蔵品​/武具​/卍正次写 (3608d) [ 切刄造直刀写 卍正次 ]
    Prev山名蔵/収蔵品/武具 Next卍正次写 Up 切刄造直刀写 卍正次 (きりばづくりちょくとううつし まんじまさつぐ) 正倉院御物の上古刀を現代の名工が写して甦らせた。日本刀剣の祖形として学術上でも意義深い一刀である。 直刀は斬ることよりも突くのに有効で、当時の戦法がわかる。 作者正次は桜井姓、東京の人、明治時代の刀匠。 神戸にも縁がある。舞子の有栖川別邸で炉を築き宮殿下に鍛刀の法を伝授するなど、門下には人間国宝・隅谷正峰外有名刀匠が多数ある。 年代 ...
  • 山名蔵​/収蔵品​/武具​/義路公儀礼刀 (3592d) [ 義路公佩用 儀礼刀 ]
    Prev山名蔵/収蔵品/武具 Next卍正次写 Up 義路公佩用 儀礼刀 (よしみちこうはいよう ぎれいとう) 細身のサーベルの如く 村岡山名12代(山名氏29代)義路公は、明治4年に12歳で家督を相続するが、同年7月廃藩置県により村岡県知事に就任。同年11月に村岡県は豊岡県へ併合。 以降、義路公は上京し陸軍士官としての道を歩み、明治17年の華族令の施行により男爵の爵位を授かる。その後は貴族院議員を歴任。 この儀礼刀は大礼服着用時に使用したものか? 年代 ...
  • 山名蔵​/収蔵品​/武具​/脇指三代重国 (3608d) [ 脇指三代重国銘 ]
    Prev山名蔵/収蔵品/武具 Next卍正次写 Up 脇指三代重国銘 わきざしわきざし さんだいしげくに 銘文「於紀刕文殊重国造之」。 重国一派は大和手掻(てがい)の一流で慶長のころ駿河に移り、家康のために鍛刀した。 元和5年、家康の五男頼宣が紀州徳川家創立の際、請われて和歌山に移る。世に新刀期最上位の評あり。 豪宕華麗な作風で湾(のたれ・波のうねり様の焼刃)を得意とする。 本作は三代重国と鑑される。 備考 銘「於紀刕文殊重国造之」 写真 ...

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3067, today: 1, yesterday: 0