脇指三代重国銘 anchor.png

わきざしわきざし さんだいしげくに

三代重国01, 21.jpg

銘文「於紀刕文殊重国造之」。
重国一派は大和手掻(てがい)の一流で慶長のころ駿河に移り、家康のために鍛刀した。
元和5年、家康の五男頼宣が紀州徳川家創立の際、請われて和歌山に移る。世に新刀期最上位の評あり。
豪宕華麗な作風で湾(のたれ・波のうねり様の焼刃)を得意とする。
本作は三代重国と鑑される。

Page Top

備考 anchor.png

銘「於紀刕文殊重国造之」

Page Top

写真 anchor.png

葵紋懐剣02, 76.jpg
Page Top

QRコード anchor.png

[添付]



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1311, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-09-30 (金) 21:22:02
最終更新: 2012-07-03 (火) 17:22:39 (JST) (1788d) by admin