These search terms have been highlighted:山名会/刊行物等/山名第5号/P34_大地に轟く山名軍団 P34_大地に轟く山名軍団

Return to 山名会​/刊行物等​/山名第5号​/P34_大地に轟く山名軍団
  • FrontPage (2033d) [ 山名氏史料館「山名蔵」 ]
    ちょっとした変更情報等を掲載しています ようこそ『山名蔵』へ Table of contents ようこそ『山名蔵』へ 「H25全國山名氏一族会総会」無事開催できました  山名会総会の記念品配賦 総会記念品 「山名家譜」データの一部掲載 H24年山名会総会関連 山名氏史料館山名蔵 全国山名氏一族会 『山名氏』が「名流」と言われる謂れ 山名氏概略系図 このWEBの主な内容 東林山法雲寺へ ...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第5号​/P28_清和源氏諸流略系図解題 (1791d) [ 清和源氏諸流略系図解題 ]
    Prev山名会/刊行物等/山名第5号 NextP04_燦然たる山名氏の系譜 Up 清和源氏諸流略系図解題 ─ 中世末までの清和源氏の系譜 ─ 全國山名氏一族会会長 山名年浩 封建社会の領主と地主の関係は武家政権の時代に大きく展開していった。鎌倉幕府の守護は軍事と行政の任務を与えられていたが、当初は徴税権を持たなかった。鎌倉幕府の後半期からは荘園領主を取り込んで徴税権を得て地方領主化していった。 続いて、室町幕府における守護は守護大名と呼ばれた。守護大名は幕府の権...
  • 山名会​/刊行物等​/山名第5号​/P42_倶利伽羅・五箇山への旅 (2154d) [ 1.倶利伽羅「山名」について ]
    Prev山名会/刊行物等/山名第5号 NextP04_燦然たる山名氏の系譜 Up 倶利伽羅・五箇山の旅 -ルーツを訪ねて- 山名一男 1.倶利伽羅「山名」について (1)倶利伽羅の山名家について 石川県津幡町刈安に在住している私は(旧)倶利伽羅村刈安の生まれである。妻は京都市生まれ、京都市育ちで長女と長男の2人の子供をもうけている。 一方、私の父親は、刈安の隣地区の上野の生まれであり(倶利伽羅「山名」の発祥の地)。ここでの上野は「うえの」とも「こ...

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1772, today: 5, yesterday: 1