葵紋懐剣 anchor.png

(あおいもんかいけん)
懐剣は武家婦女子の必需品で、身分相応のものを所持する。
婚儀には欠くことのできない調度品である。
本品は葵紋(裏紋は縦木瓜)であるところから、いわゆる大名道具のひとつである。柄(つか)や鞘に入念な蒔絵が施され、小品ながら貫禄十分の作。

刀匠が尾張信高であるところから、尾張徳川家とそれに匹敵する大名家といえば老中を出すことができる佐倉藩・堀田家(紋所は縦木瓜)と推定される。

表には葵紋
葵紋懐剣01, 39.jpg
Page Top

年代 anchor.png

安永(1770)頃

Page Top

備考 anchor.png

無銘〔尾張信高と鑑〕、裏紋縦木瓜

Page Top

写真 anchor.png

砥ぎを繰返したのか?少し痩せた印象
葵紋懐剣02, 45.jpg
全体に細かく細工がほどこされている。
葵紋懐剣03, 19.jpg

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2471, today: 4, yesterday: 5
初版日時: 2011-09-28 (水) 17:17:55
最終更新: 2012-07-03 (火) 21:08:54 (JST) (1905d) by admin