2: 2012-09-11 (Tue) 21:12:40 admin source Cur: 2012-09-13 (Thu) 09:59:59 admin source
Line 5: Line 5:
円山応挙と言えば襖絵・幽霊画で有名である。 円山応挙と言えば襖絵・幽霊画で有名である。
この仙人図は、画聖が弟子を伴い作画している時に、「絵から描いていた物が飛び出してしまう」といった情景を描いたものか? この仙人図は、画聖が弟子を伴い作画している時に、「絵から描いていた物が飛び出してしまう」といった情景を描いたものか?
-画聖(応挙本人?)の「またか」といった表情、弟子の一人の「待っていました」と見上げる表情。また恐ろしくて伏せってしまう弟子。+-画聖(応挙本人?)の「またか」といった表情。 
 +-弟子の一人の「待っていました」と見上げる表情。 
 +-恐ろしくて伏せってしまう(新米?の)弟子。
と三者三様の表情が面白いユニークな作。 と三者三様の表情が面白いユニークな作。
いったい何を描いていたのか興味が持たれる。 いったい何を描いていたのか興味が持たれる。
 +
 +ユーモラスな題材に親しみを感じさせる。格調高い応挙とは一風変わった面を感じさせる。
#CLEAR #CLEAR
Line 13: Line 17:
*備考 [#d518d437] *備考 [#d518d437]
 +-豊岡藩・京極家由来の軸。 
 +-他の応挙作品→[[江口君]]
*写真 [#y398cfd6] *写真 [#y398cfd6]


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1506, today: 1, yesterday: 0