2: 2011-10-24 (Mon) 16:44:25 admin source
Attached file: 111019_会員宛文書.pdf
3: 2011-10-24 (Mon) 20:14:51 admin source
Line 11: Line 11:
さて、全国山名氏一族会(以下:山名会)からの便りが途絶えて幾年の歳月が経過したでしょうか?平成20年に総裁・会長と相次いでの御他界。山名会発足当初から支えられて来られた両巨頭亡き後、会活性化を願いつつも新たな司令塔不在の為、今日まで休眠状態が続いて居ります。 さて、全国山名氏一族会(以下:山名会)からの便りが途絶えて幾年の歳月が経過したでしょうか?平成20年に総裁・会長と相次いでの御他界。山名会発足当初から支えられて来られた両巨頭亡き後、会活性化を願いつつも新たな司令塔不在の為、今日まで休眠状態が続いて居ります。
ここ数年来、旧事務局と交流が続いている会員様方とお会いする度に、皆様夫々に山名会の行く末を案じられ、話題は自然と山名会再興に向けての話へと至ります。その声は年を経るごとに、また、お会いする人が異なっても変わりなく、一族の皆様の山名会に対する熱い気持ちの表れかと感じて参りました。 ここ数年来、旧事務局と交流が続いている会員様方とお会いする度に、皆様夫々に山名会の行く末を案じられ、話題は自然と山名会再興に向けての話へと至ります。その声は年を経るごとに、また、お会いする人が異なっても変わりなく、一族の皆様の山名会に対する熱い気持ちの表れかと感じて参りました。
-*山名会再興についての首脳へアンケート実施 [#i08e7708]+*山名会再興について首脳へアンケート実施 [#i08e7708]
旧事務局としましては現事務局に全てをお渡しした以上静観を守るべきと、思うところですが余りに長く休眠状態が続けば、続くほどに「山名会の記憶」すら消え去り、会復興は更に困難になるとの思いから、平成23年春に現事務局含む山名会首脳諸氏に「山名会再興について」とアンケート型式でお尋ねを発送させて頂きました。 旧事務局としましては現事務局に全てをお渡しした以上静観を守るべきと、思うところですが余りに長く休眠状態が続けば、続くほどに「山名会の記憶」すら消え去り、会復興は更に困難になるとの思いから、平成23年春に現事務局含む山名会首脳諸氏に「山名会再興について」とアンケート型式でお尋ねを発送させて頂きました。
ご返信頂いたご意見を総合しますと、「出来れば何方かが音頭を取って頂き、山名会再興を!」とのご意見であったと理解しております。 ご返信頂いたご意見を総合しますと、「出来れば何方かが音頭を取って頂き、山名会再興を!」とのご意見であったと理解しております。
 +
*山名会復興準備会の開催 [#g770dad6] *山名会復興準備会の開催 [#g770dad6]
その流れを受けまして、今秋9月19日にアンケートにご協力頂きました会員諸氏に京都へご参集願い「山名会再興準備会」なるものを開催した次第です。 その流れを受けまして、今秋9月19日にアンケートにご協力頂きました会員諸氏に京都へご参集願い「山名会再興準備会」なるものを開催した次第です。


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1527, today: 1, yesterday: 0