「包丁正宗」写 anchor.png

(ほうちょうまさむね うつし)

寸短く太い印象のシルエット
包丁正宗写01, 59.jpg

名工「五郎正宗」の異色な一口を後世の匠が忠実に写したもの。
本歌は日向延岡藩内藤家蔵、国宝に指定されている。
身幅広く、重ね薄く、彫物の護摩箸は表から裏まで貫通していので、「透かし正宗」とも言う。
白く大きくうねる焼刃(大湾(おおのたれ))が刀身全体を引き締め、斬新な美的感覚を発揮しており、写しの刀匠の技量の高さを表している。

Page Top

年代 anchor.png

昭和

Page Top

備考 anchor.png

無銘

Page Top

写真 anchor.png

護摩箸の意匠も忠実に再現
包丁正宗写02, 98.jpg

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4634, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-09-28 (水) 21:11:53
最終更新: 2012-07-03 (火) 16:35:55 (JST) (1844d) by admin