与布土又三郎宛て感状 anchor.png

与布土又三郎宛て感状
121.jpg

兵庫県史 史料編中世三 P727(山崎文書)


去年八月十六日、於村雲合戦時、打太刀云々、尤神妙候、仍播州宍粟郡三方東(随心院領内五分壱)事、為恩賞、且相計候、弥可致忠節候也、謹言
応仁弐三月廿日 (山名持豊)宗全(花押)
与布土又三郎殿


O本文書、現在、法雲寺(美方郡村岡町)所蔵。但し宛所以下の奥部分を切断。

去年(応仁元年・1467年)八月十六日、村雲合戦の時於いて、打太刀云々、尤も神妙候、依って播州宍粟郡三方東(随心院領内の五分一)の事、恩賞と為し、且つ相い計り候。
いよいよ忠節致すべく候也、謹言
応仁弐年(1468年)三月二十日 (山名持豊)宗全(花押)
与布土又三郎殿

Page Top

年代 anchor.png

Page Top

備考 anchor.png

市中に出ていた山崎家文書の一部。縁あって法雲寺が入手。

Page Top

写真 anchor.png


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 982, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2012-07-06 (金) 20:37:24
最終更新: 2012-07-06 (金) 20:41:49 (JST) (1902d) by admin