はじめに anchor.png

世上各種の郵便物が氾濫しておりますが、この書状は営利を目的としたものではなく、また、再々ご連絡することも致しかねますので、なにとぞ最後までお目通し願います。

Page Top

謹啓、 anchor.png

全国各地にお住まいの山名氏二千五百家様には、意義ある二千年をお迎えになりましたことと拝察、大賀に存じます。
さて、突然ですが、日本史上八百年に亘り光彩を放った『山名氏』の顕彰につき、貴台の御意を得たく一書を呈します。このことはかつて昭和六十年秋に当時の全国電話帳によりご案内したことがありますが、十五年を経た今日、再度意中を表明するものであります。

Page Top

当会は、 anchor.png

その当時ご賛同を得た二百名様により、昭和六十一年に『全国山名氏一族会』の牙旗を掲げて進発した一団であります。
爾来いささかではございますが、山名氏の足蹟探訪・顕彰や一族の親睦につとめてまいりました。

  • 全国山名氏譜族会総会毎年開催。通算十四回。
  • 機関誌『山名氏赤松氏研究ノート』発行。通算九号。
  • 機関誌『山名』発行、通算五号。
  • 研究図書『山名家譜』刊行協賛。一千部。
  • 『ものがたり山名氏八百年』刊行。一千部。
  • 山名八播宮神馬鋼像奉納。(群馬県高崎市山名町)
  • 山名赤松両軍陣没諸霊供養塔建立。(兵庫県但馬竹田城跡)
  • 山名氏歴代尊牌整備奉安.(兵庫県但馬山名寺)

等々で、山名氏歴代英祖もいささか御心和ませ給うたかと推量するものであります。

Page Top

しかしながら、 anchor.png

発会以来十五年という歳月は、当然会員の高齢化を招き、会勢の沈滞をまぬがれませんので、この際改めて全国山名氏各位に当会の趣旨を右のごとくご説明申しあげ、新たにご賛同を得ました各々様とともに再出発をはかりたく存します。

Page Top

思いますのに、 anchor.png

この『山名』という姓氏は、他の姓と違いその源流をたとれば、殆んどが清和源氏山名義範公に帰一するとは斯界の定評であります。
茫々八百年、山名氏各流の上にも盛衰の浪が押し寄せまして、家系の全貌がつまびらかでないお家もございましょうが、先祖代々継承されました『山名氏』という名誉ある氏姓への感懐を大切に、思いを一にする有志各々が相携えて一堂に会することがかないますならば欣快この上もごさいません。
よろしくご賢察のほとをお願い申し上げます。

Page Top

ご入会について anchor.png

  1. 家系を示す証拠品がなくても、お気軽にお申込くたさい。
  2. 同封はがきをお出しくださるだけでけっこうです。
  3. 会員証・振替用紙をお送りします。
  4. 入会金五、○○○円。年会費五、○○○円を振替ご送金ください。
  5. 当会刊行物、総会研究会案内等を随時お送りします。
Page Top

全国山名氏同族有縁各位 anchor.png

平成十二年一月吉日
全国山名氏一族会
事務局 兵庫県美方郡村岡町村岡 山名寺内

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 989, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-10-19 (水) 21:55:55
最終更新: 2011-10-21 (金) 13:53:45 (JST) (2193d) by admin