第8回全国山名氏一族会総会要記

平成5(1993)年5月29~30日
堺・和歌山
再入力日:2011/9/25

1、日程 anchor.png

Page Top

第1日・5/29 anchor.png

13:00堺市 南宗寺に集合
禅高公像に献香・寺内拝観
14:30出発(バス)→和歌山市・松林寺へ
16:00松林寺着 ビルマ慰霊塔参拝
前理事長墓参拝・諸堂拝観
17:30出発(バス)→新和歌浦「萬波」へ
休憩・入浴
19:00夕食・懇親会
自由行動
Page Top

第2日・5/30 anchor.png

8:30宿舎出発(バス)→由良・興国寺へ
9:30興国寺着 山名氏諸霊回向法要と寺内拝観
11:00出発(バス)→田辺氏・山名製作所へ
会社見学と昼食
14:00Jr田辺駅到着・解散
特急「くろしお」で新大阪まで2時間
Page Top

2、平成4年度事業報告 anchor.png

6/6~7第7回総会 於・山名八幡宮
11/8第3回山名赤松両軍供養際 於・竹田城址
1/17常任理事会 於・京都聖護院門跡
1/31第8回総会案内
研究ノート4号編集開始

歴史研究部会では、独自にユニークな調査研究を進められています。

Page Top

本年度入会者紹介(敬称略) anchor.png

根岸 博(宇都宮市)、根岸英雄(太田市)、山名 実(和歌山由良)、福田徹夫(東京都)、 吉松良一(和歌山市)、宮田陸男(鹿児島県)、藤井 誠(八王子市)
以上7名

会員会友
12417141(欠番あり)
Page Top

3、平成4年度会計報告 anchor.png

  • 掲載省略
Page Top

顕彰基金 anchor.png

  • 明細省略
  • 五氏より28万円ご協力。
Page Top

総会等に対して anchor.png

  • 明細省略
  • 五氏より15万4千円ご協力。
  • 今次総会については、和歌山・太田垣ご一門の絶大なるご協賛を頂戴しております。
    監査報告
    平成5年5月25日
    監事 山名桂輔 監事 山名秀昭
Page Top

4、平成5年度事業計画 anchor.png

5/29~30第8回総会 於泉州・紀州各会場
研究ノート4号発行(会員へ配付)
11/14山名赤松両軍慰霊祭 於竹田城址供養塔
初冬常任理事会 京都?
1月第9回総会会場設定、案内状発送
研究ノート5号編集開始
  • 歴史研究部会からすばらしい論文集が刊行されるはずです。ご期待ください。
Page Top

5、第9回総会会場選定について anchor.png

昭和61年の第1回総会より今回まで、山名氏由縁の各地を訪ねて総会を開いてまいりました。

1回S61但馬山名氏の本拠を巡訪湯村温泉泊
2回S62京都市内の山名氏史跡巡訪花園会館泊
3回S63伯耆山名氏の史跡巡訪三朝温泉泊
4回H1竹田城址で山名赤松両軍慰霊祭日和山温泉
5回H2竹田城址に宝篋印塔建立グリンピア三木
6回H3山名氏史料館開館式浜坂温泉泊
7回H4山名氏発祥の地巡訪伊香保温泉
8回H5堺・紀州路の史跡巡訪和歌浦海岸泊

あと残るは、次の2ヶ所ぐらいとなります。そこで私案を提示しご参考に供します。

Page Top

A,備後山名氏探訪と鞆の浦鯛網の旅 anchor.png

広島県福山市の神辺城は、山名宗家の時氏以来150年山名一門が備後国守護職に任じ政庁とした中世山城である。尾道の名刹には山名氏の史料もある。
鯛網で有名な鞆の浦で一遊するのも一興だろう。

Page Top

B,美作山名氏探訪と美作三湯の旅 anchor.png

岡山県北部の美作国は山陰と山陽のはざまにあるところから、中世には山名・赤松の両勢力が攻防に明け暮れた。また、秘められた美作南朝の歴史なども色濃く残る土地柄でもあるので、山名氏のロマンを求めるに十分であろう。
泊まりは美作三湯(湯郷・奥津・湯原)のいずれかで、山懐に抱かれた旅情を楽しむことが出来る。



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1199, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-10-13 (木) 15:43:38
最終更新: 2011-10-13 (木) 16:03:33 (JST) (2198d) by admin