Back to page

− Links

 Print 

切刄造直刀写 卍正次 :: 山名氏史料館『山名蔵』

xpwiki:山名蔵/収蔵品/武具/卍正次写


切刄造直刀写 卍正次 anchor.png[4]

(きりばづくりちょくとううつし まんじまさつぐ)

正倉院御物の上古刀を現代の名工が写して甦らせた。日本刀剣の祖形として学術上でも意義深い一刀である。
直刀は斬ることよりも突くのに有効で、当時の戦法がわかる。
作者正次は桜井姓、東京の人、明治時代の刀匠。
神戸にも縁がある。舞子の有栖川別邸で炉を築き宮殿下に鍛刀の法を伝授するなど、門下には人間国宝・隅谷正峰外有名刀匠が多数ある。

Page Top

年代 anchor.png[6]

Page Top

備考 anchor.png[7]

Page Top

写真 anchor.png[8]

斬るよりも突きを重視か
卍正次02, 25.jpg[9]

Last-modified: 2012-07-03 (Tue) 17:17:04 (JST) (2574d) by admin