観世音菩薩四十二手呪金板経 anchor.png

本来は折本形式
17.jpg

(かんぜおんぼさつ しじゅうにしゅじゅ きんばんきょう)
墳墓等に経典を経筒に入れ、副葬品として供養する方法は古くからあるが、経典は大概紙を使用する。しかし紙は経年変化による損傷が考えられ、永久の耐久性には少し心もとない。
金板経は文字通り、薄い金板に経文を彫刻した木版等を押し当てて打ち出したもので、薄い金板を蝶番で繋ぎ一冊の折本とした作られた。
出土後、一冊の金板経を幾つかに分けたものの一部。
金板に経典を写した金板経を副葬品とすることにより、死者が永遠に仏の加護に預かることを願ったのであろうか?

韓国では完全な形の金板経が国宝に指定されている。

Page Top

経典の内容 anchor.png

千手観音は実際に千本手があるわけでなく、本来の二本の手(正面で合唱している手)に加え、左右二十本の手があり、合計で四十二本の手を具える。
この左右二十本(合計四十本)の手で25の世界を救うとされるので、
40×25=1000で千手といわれる。
観世音菩薩四十二手呪は、この千手観音が左右の手に持つ、持物と手の様子を写したものと思われる。

Page Top

年代 anchor.png

Page Top

備考 anchor.png

Page Top

写真 anchor.png

表紙
55.jpg
右手に宝珠、左手に羂索
43.jpg
右手に三鈷、左手に独鈷
70.jpg
右手に?、左手に法剣
70.jpg

他の画像



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2064, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-12-05 (月) 12:56:54
最終更新: 2012-07-05 (木) 10:52:01 (JST) (1904d) by admin