Back to page

− Links

 Print 

脇指三代重国銘 :: 山名氏史料館『山名蔵』のページ

xpwiki:山名蔵/収蔵品/武具/脇指三代重国


脇指三代重国銘 anchor.png[4]

わきざしわきざし さんだいしげくに

銘文「於紀刕文殊重国造之」。
重国一派は大和手掻(てがい)の一流で慶長のころ駿河に移り、家康のために鍛刀した。
元和5年、家康の五男頼宣が紀州徳川家創立の際、請われて和歌山に移る。世に新刀期最上位の評あり。
豪宕華麗な作風で湾(のたれ・波のうねり様の焼刃)を得意とする。
本作は三代重国と鑑される。

Page Top

備考 anchor.png[6]

銘「於紀刕文殊重国造之」

Page Top

写真 anchor.png[7]


Last-modified: 2022-12-11 (Sun) 16:12:32 (JST) (167d) by admin